ラボメンインタビュー企画・始動! シンラボで活躍するあの人に聞いてみた

みなさん、こんにちは。

年末年始の暴飲暴食によりひとまわり成長した、シンラボ広報の高橋です。

草場代表からは、「高橋さんでバスケできる」とありがたいお言葉もいただき(まんまるってことですよね・・)、2020年もシンラボのみなさんの活躍を世に発信していくため、広報活動を頑張ろうと思いました!

さて、今回はタイトルの通り
シンラボメンバー(以下、ラボメン)インタビュー企画・始動のお知らせです。

シンラボに興味をもってくださっているみなさんに、
もっとシンラボのことを知ってもらおうというこのインタビュー企画。

シンラボではどんな人が活躍しているのか?
このインタビューを読んで頂ければわかってもらえるのではないでしょうか。

 

インタビュー第一回は、シンラボユースの部長として活躍している
【神山 雄樹(かみやま ゆうき)】さん

シンラボのクラブ「シンラボユース」の部長を努めながら、ボードゲームのファシリテーターを通してSDGsの認知を広げる神山さんは、現在大学4年生。

まだまだ数少ない学生のラボメン・神山さんの、活動に参加するきっかけや今の想い、今後についてをインタビューしました。

若い世代から社会課題について何か行動をしていこう ー ラボメンインタビュー企画・第一弾!(神山 雄樹 さん)

 

 

インタビュー第二回は、大手企業に勤めながらシンラボでも活躍中の
【大澤 健(おおさわ けん)】さん。

社内のIT部門でご活躍されながらも、今では自分の学びを他の方に共有するべく、SDGsボードゲームのファシリテーターに挑戦中の大澤さん。

大手企業に努めながらも、シンラボの活動に参加しようとおもったきっかけや今の想い、今後についてをインタビューしました。

秀でたところがなくても。お互いが学び会えるいい環境 ー ラボメンインタビュー企画・第二弾!(大澤 健 さん)

最先端技術を活用し社会課題を解決する技術者コミュニティ

シンギュラリティ・ラボでは、エクスポネンシャル・テクノロジー(指数関数的に飛躍的に発展する技術)を活用し、
人がもっと幸せになれる世界を目指しています。
ぜひ一緒に活動をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です