トップ

PROJECT

プロジェクト

社会課題の解決を目指す、シンラボ発の
スタートアップ起業をご紹介します。

SDGsボードゲームアプリ

SDGsを体験して学べる。
SDGsボードゲームのアプリ版

社会課題を自分ゴト化するSDGsを体感するボードゲーム、Sustainable World BOARDGAMEをオンラインでも楽しめるようにするための、WEBアプリ版です。ボードゲームはコロナ禍で、リアルでゲーム会を開催することが難しくなってきていました。オンライン化することで、感染リスクを抑え、かつ場所関係なくSDGsについて学ぶことができます。
現在は、4〜8人でゲームごとにコードを発行するシステムになっていますが、将来的にはAI導入で一人でもできる、学びがあるようなゲームとして設計することを考えています。

Board Game App Board Game App

BUS2.0

大学や自治体との連携で構築するMaaSサービス

Bus2.0は、少子高齢化の進む、地方中小都市や過疎地域など交通弱者の移動手段を確保するためのオンデマンド交通サービスです。
地方の過疎地域では路線バス利用者は年々減少しており、乗客が少なくても定時定路線の運行を続けることが行政や運行事業者に大きな負担となっています。この社会課題に対して、高知県の土佐清水市では自宅付近から目的地まで利用者が事前に電話予約する乗合タクシー(デマンド交通『おでかけ号』)を先行導入しています。これまでは、市内に2社ある運行事業者と、利用者からの電話予約を受け付ける地元のNPO団体が運営に携わっていましたが、電話で受け付けた予約をFaxで運行事業者に送信するなど、人の手が多く関与することによる不具合が発生していました。

今回はこれまで通り電話予約できる利便性を維持したまま、Bus2.0ではこれらの情報を全てクラウド上で管理することにより、利用者の予約状況、車位置を含むドライバーの運行状況が、相互にリアルタイムに把握でき、常時更新できるようになりました。また、タクシー運転手にとってもデジタルデータを活用することで効率的に顧客獲得が期待できます。今後は、アルゴリズムによる運行の最適化、高齢の利用者にスマホで予約を行ってもらうなど、更なるデジタル化も進めていく予定です。

BUS2.0 BUS2.0

スタディメーター

学校の勉強と社会課題を一緒に学ぶ、オンラインの学習塾。

学校の教科書に準拠した「基礎講座」と、学校で学んだ知識を応用して現実の社会課題を考える「探求講座」が、単元・レベルごとに1講座500円~で学べる、新しいオンライン学習塾です。動画・スライド・クイズを組み合わせた分かりやすい教材と、学習成果が見えるマイページ画面で、学びたいことをいつでもどこでも、自分のペースで楽しく学ぶことができます。数学、英語、社会から、SDGs、IT、論理・思考まで、受験対策だけでなく、日常生活や将来役立つ力を身につけることができます。
コロナ禍で学ぶ場が限られつつある中で、オンラインで新たな可能性を切り開いていきます。

おもちかえり.com

Omochikaeri.com

新型コロナウィルスは人々の生活にこれまでになく大きな影響を与え、特に緊急事態宣言等により多くの飲食店がダメージを受けました。おもちかえり.comは、飲食店を支援するために、有志のエンジニアが集まり、社会貢献の一環として開発・運営しています。開発はVue.jsとFirebaseを利用し、日々利用者からの声を取り入れ新機能を短期間でリリースしています!ローンチしてから1年が経ちますが、ユーザー数も順調に増え、開発のモチベーションに繋がっています。
【WEBサービスの主な機能】
・飲食店向け機能/飲食店情報やメニューの作成・Web掲載/注文から受け渡しまでの管理/チラシ作成や売上レポートの出力/お客様向け機能
・商品の注文/調理状況の確認/クレジット決済機能(クレジット決済機能を使わず、現地払いも選択できます)/LINE、SMS等の通知機能

ふぁみかるくん

家族みんなの診療情報をひとつに記録・共有するWEBサービス

家族みんなの診療情報をひとつに記録・共有するWEBサービスです。
普段忙しくて充分に健康情報を家庭で共有していないために、子どもとの通院時に問診表を書けない、医師に説明できないといった問題を解消します。
2021年5月に、WEBサービスのβ版をリリースしました。現在、正式版リリースに向け、ユーザー様のフィードバックを元にアプリの改善に取り組んでおります。

【WEBサービスの主な機能】
・家族の診療情報(診察結果、既往歴、アレルギーなど)をわかりやすく記録する。
・家族や大切な人と記録した診療情報を共有する。

認知学習アプリ

発達障害のある幼児向けに、親子で楽しめる認知学習

発達障害や発達に遅れがある幼児向けに親子で楽しめる認知学習アプリです。
遊びを通した幼児期の学びから教科学習中心の学齢期のスムーズな就学移行支援を行うために、一般幼児だけでなく、発達障害児や現在の支援体制から溢れる発達グレーゾーンの子どもに対して早期教育を目指していきます。※現在は試作品を開発中
【アプリの主な機能】
・小学校入学までに必要な基礎的学習が段階的に無理なく獲得できるプログラム
・学習到達度に応じて、現在のお子さんの発達の状態を把握できる
・お子さんのみでも学習可能で、家庭における保護者の負担感の軽減に繋がる

認知学習アプリ 認知学習アプリ 認知学習アプリ

WacWac

VR模擬体験で、世界から事故をなくす

「世界から事故をなくす」ことを使命にしています。
私が以前所属していた物流業界は、長時間労働・低収益の構造でした。そのため、安全教育を満足するほどの充分な時間を割けずにいる営業所が多く
あります。弊社のサービスは効果的にVRで事故の疑似体験等を体験しながら、監査に係る工数を削減
することで、上記の物流課題を解決しながら、事故を削減できます。
【VR安全教育とらくらく監査システムの機能】
・事故を疑似体験し、事故を削減
・安全教育に係る工数を90%削減

ohana

ohana

必要な人に、明確な情報が伝わるようにする。理解とサービスの見える化をしたい。私が一番苦労した事は、家族が働けなくなってしまった時にどのように対応をすればいいか分からないことでした。方法が分からず、間違えた対応を続けたことが、家族との溝を深めた1番の原因になりました。
その経験から、働けなくなってしまった人の理解とどのような支援があるかを動画などでお届けをして、辛い思いをしている当事者やご家族を助ける情報源にできないかと考えています。

ohana ohana

VR被爆証言

VR A-bomb testimony

「近い将来に到来する、被爆者なき時代での被爆証言の後継」をテーマに、動画よりも印象に残りやすいVRによって被爆証言を提供して、学生等の体験者に興味・関心を持ってもらうことで、学習の促進に繋げ、次世代への継承の必要性を広めるためのプロジェクトです。
VRを通して、動画、文字、音声で伝えるより、実際に直接被爆者からお話をお聞きするよりも印象が残りやすくなります。

VR被爆証言 VR被爆証言

SDGsボードゲーム制作

世界とつながるボードゲーム

「Sustainable World BOARDGAME」は、あなたとSDGsを繋ぎ、社会課題を自分ゴト化する体感型ゲームです。
SDGsに関する世界の課題解決事例を楽しく学びながら「SDGs達成」と「自己成長」を目指します。大人から子供まで、SDGsの理解だけでなく、協力の大切さや広く深く考える思考力、現場感や課題感を養うことができます。

SDGsコンサルエッグ

SDGsを「知る」から「行動」へ

会社としてSDGs活動をやることが決まっているが、推進の仕方がわからない企業向けに、イベント企画運営、SDGsを通した市場動向分析、組織全体のSDGs社内推進やSDGs実装・ブランディングをサポートをおこなっています。

イベント開催実績

2021年7月
ESGやSGsは当たり前!差別化する経営戦略として取り組む攻めのBCP
2021年6月
エコ〜るど京大発!ぶらりSDGsお散歩すごろくin 京大
2021年2月
SDGs AICHI EXPO 2020への出展
2020年12月
ぼくらの世界を変えるアイデアソン-サイエンス×テクノロジー×SDGs-
2020年9月
今こそ考えるBCP×SDGs
2020年7月
ポストコロナ - SDGsでどう稼ぐ? ~スタートアップから学ぶ、導入から実践まで~