BLOG

シンラボメンバーのあれこれ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 代表通信
  4. 代表通信~「Welcome to the 21st Century」③

代表通信~「Welcome to the 21st Century」③

こんばんは。代表の草場です。

オライリーさん本人の本、Welcome to the 21st Centuryのまとめです。

What Might Come, Now Completely Unexpected?

20世紀初頭は、あらゆる分野で、技術の進歩が続きました。

抗生物質、内燃機関、自動車、飛行機、電力網とユニバーサル電話サービス、新しい娯楽経済をもたらした映画、ラジオ、テレビ、それまで想像もしなかった応用工学の偉業を実証した象徴的な高層ビルや吊り橋、原爆と水爆、月面着陸と国際宇宙ステーション、黄金の米、コンテナ船、通信衛星、コンピュータ、インターネットの世紀でした。水力発電ダム、マンハッタン計画、州間高速道路システム、宇宙計画など、広大な公共事業の世紀でもありました。社会保障制度、メディケア、週40時間労働、そして一戸建て住宅の所有をアメリカンドリームの一部にした膨大な政府支援の融資プログラム。

確実に、豊かになっています。そのため、21世紀の今後を考える際も、豊かなシナリオを創造することをお勧めしています。空飛ぶ車、ロボットタクシー、人工知能に向けたさらなる大きな進歩、医学のブレークスルー。
最近の発明と将来の発明の二次的な効果は何でしょうか?

自動車は都市を再編し、鉄道はほとんど無関係に追いやられた。安価な空の旅は観光を可能にし、戦争を一変させた。コンテナ輸送は、グローバル化の鍵を握っていた。エレベーターの普及は20世紀の超高層ビルを可能にした。抗生物質は、多くの病気を殺人者から不便なものに変えただけでなく、豚、牛、鶏の工場飼育を可能にしたが、耐性菌につながる過剰な使用は、今では人間の病気を治療する力の終焉を脅かしている。新しい発明や今日の問題の解決策は、どのような予想外の方向に進むのでしょうか?これらの開発にはどのようなスキルが必要なのでしょうか?

News from the Future

シナリオプランナーが「未来からのニュース」と呼ぶデータポイントを探します。データポイントは地図上の至る所にありますが、それらのデータポイントを十分に集めると、トレンドラインが見えてきます。

異なる方向に押したり引いたりしている要因が多く存在することが多いので、これらのトレンドをベクトルとして考えると便利で、それらを合計または乗算して、可能性のある未来への経路をどのようにキャンセルしたり、増幅したり、リダイレクトしたりするかの感覚を得ることができます。

トレンドをベクトルとみなして議論を進めています。

トレンドラインがどのようにお互いに影響を与えるか、または新しいものを追加する必要があることを見るように、あなたは継続的にあなたのシナリオを更新することができます(またはベイズ統計学に精通している人がそれを置くかもしれないように、あなたはあなたの前駆値を修正することができます)。これは比較的無意識のうちに行うことができます。あるかもしれない世界のメンタルモデルを一度構築してしまえば、読んだニュースは所定の場所に挿入され、想像した未来を補強するか解体するかのどちらかになります。

自分が注目しているトレンドについて、それに続く効果を考える時間を取ることを進めています。

例えば、在宅ワークが広く受け入れられるようになった場合、二次的な影響はどのようなものになるでしょうか?あなたのシナリオには、公共交通機関に依存している密集した都市の空洞化や、メガシティから郊外への移動、あるいは小都市への移動が含まれるかもしれません。デレク・トンプソンがアトランティック紙に書いたように、「アメリカの都市化の歌はアコーディオンの上で演奏されている」。労働者や顧客が誰であるかによっては、このような変化はビジネスに大きな影響を与える可能性があります。

以下、オライリーさんが考えるトレンドラインに沿った未来からのニュースの例です。

・パンデミックの進行そのもの
症例数や死亡者数は増加しているのか、減少しているのか。パンデミックを抑えることに成功したと思われる場所でパンデミックが再発しているのか?アメリカでは、CovidActNowという、パンデミックの進行度合いを載せているサイトがあります。
トレンドラインは、強力な避難所や社会的な距離を置くことを実践してきた地域では、パンデミックがゆっくりとコントロールされつつあることがわかります。しかし、パンデミックは季節性や天候も要因となる可能性があり、データをよく見る必要があります。

・治療やワクチンに向けての進展
ワクチンはできつつありますが、変異種も出てきています。病気を乗り切った人でも再びウイルスに感染する可能性もあります。

・停止が解除された場合、人々はどのように反応するか?

一流レストランも、電子商取引やテイクアウトの増加にシフトしていくか?歩いたり、自転車に乗ったり、家でパンを焼いたり、自分で野菜を育てたりする人は増えるのだろうか? 企業は再び雇用する自信を持てるだろうか?さらに重要なのは、消費者は再び消費する自信を持てるだろうか?閉鎖した企業の何%が再開できるだろうか?人々は再雇用され、失業率は下がっているのだろうか?それとも、エコノミスト誌が「90%経済」と呼んでいるような状況に落ち着くのだろうか?

 

後は次回。

関連記事