BLOG

シンラボメンバーのあれこれ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. エクスポネンシャルテクノロジー
  4. 【最新技術紹介】遺伝子編集のスタートアップ

【最新技術紹介】遺伝子編集のスタートアップ

こんにちは。草場です

エクスポネンシャルテクノロジーの一つ、遺伝子編集に関して、中国に面白いスタートアップがあります。以下の記事を参考。

遺伝子治療の新技術「塩基編集」に特化 中国スタートアップが遺伝性疾患や難病に挑む

CRISPR、ZFN、TALENといった現行のゲノム編集技術は、標的遺伝子に二本鎖切断(DSB)を導入した後、細胞自身の修復機構によって編集プロセスを完了し、効果的に遺伝子発現を阻害する。しかし、こうした方法はオフターゲット効果やDNA二本鎖切断に依存したもので、編集完了後の細胞に予期せぬ結果をもたらす可能性もある。
このような過程でゲノムの突然変異の多くは単一の塩基で発生し、ゲノム編集の精度を高めるために塩基編集法が誕生した。これらはいずれも一塩基置換(点突然変異)であり、DNA二本鎖切断を引き起こさずに精確な塩基除去修復が行われる。他のゲノム編集技術と比較し、塩基編集法は効率や安全性が高いものになると期待される所以だ。
塩基編集法をベースに次世代ゲノム編集技術を専門に手がける中国のスタートアップ「正序生物科技(Correct Sequence)」は、遺伝性疾患や希少疾患の治療に取り組む。先日はエンジェルラウンドで4000万元(約6億4000万円)を調達した。出資を主導したのは万物資本(Wanwu Capital)、聯新資本(New Alliance Capital)で、セコイア・キャピタル・チャイナや泰福資本(TF Capital)も参加している。

正序生物科技(Correct Sequence)に関しては細かい情報が発見できなかったので、また探します。
遺伝子編集技術は熱いです。

関連記事