BLOG

シンラボメンバーのあれこれ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. エクスポネンシャルテクノロジー
  4. 【注目AIスタートアップ100社】Recursionの紹介

【注目AIスタートアップ100社】Recursionの紹介

こんにちは。草場です。

エクスポネンシャルテクノロジーの一つ、AIに関して、CBインサイツでリストアップされている注目スタートアップ100社、1社ずつ見ていきます。

AI 100: The Artificial Intelligence Startups Redefining Industries

AI、機械学習について見直したい方は、シンラボの人気記事「OpenCVによるAIの実装方法」をご参考ください。

本日取り上げるスタートアップは、ヘルスケア分野のRecursionです。創薬のスタートアップです。

当社は、生物学、化学、自動化、データサイエンス、エンジニアリングなどの技術革新を統合することで生物学を解読し、創薬を産業化する臨床段階のバイオテクノロジー企業です。

メインは、Recursion Operating Systemです。

当社の統合されたRecursion Operating Systemは、独自の社内データ生成と高度な計算ツールを組み合わせた閉ループシステムを構築し、治療プログラムを開始または加速するための新しい洞察を生み出します。このアプローチを繰り返すことで、システム内に学習の好循環を生み出し、創薬や前臨床開発の各段階でプログラムを進展させています。

実際にターゲットしている疾病は以下です。

当社のプログラムは、以下のようないくつかの治療領域にまたがる疾患を対象としています。
1.疾患の原因が明確になっていること
2. アンメットニーズが高く、承認された治療法がない、または既存の治療法に大きな問題がある場合

アンメットニーズは、アンメット・メディカル・ニーズのことだと思います。

アンメット・メディカル・ニーズとは、いまだに治療法が見つかっていない疾患に対する医療ニーズのこと。
具体的には、癌、認知症などの重篤な疾患のほか、不眠症や偏頭痛といった、生命に支障はないものの、QOL改善のために患者から強く求められている疾患に対する医療ニーズを指す。

ここからRecursion Operating Systemについて詳細解説したいのですが、、、ちゃんと勉強しますのでまた次回。Recursion Operating Systemは、大量の生物学的・化学的データを生成、分析、洞察を導き出し、創薬を産業化するための統合された多面的なシステムであり、以下のように構成要素があります。

・Infrastructure Layer
・The Recursion Data Universe
・The Recursion Map

 

 

 

関連記事