BLOG

シンラボメンバーのあれこれ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ラボ活
  4. 「人にやさしいDX」を目指して〜【8時だヨ!ゆるIT講座 】10月開催報告〜

「人にやさしいDX」を目指して〜【8時だヨ!ゆるIT講座 】10月開催報告〜


2021年10月10日、11日
は、初めて
デジタルの日でしたね。

なぜこの日なのか?その理由は、コンピューターの中ではどんな情報も、電気信号の「オン」と「オフ」の2種類で表現していて(確かに想像してみると電気スイッチってオンオフしか無いですよね)、
この「オン」と「オフ」を、「1」と「0」のみで数を表現する「2進数」に対応させ表現しているのです。(1と0しかない世界で、あんなに多様なデジタル物が作れる、ってのも、またすごいなぁと思ってしまいます。)
この「1」と「0」を組み合わせた日程、が今回のデジタルの日という訳です。
(ちなみに来年以降のデジタルの日は、10月の第一日曜日と月曜日で、2022年は10月2日、3日)

10月10日(日)には、デジタル庁主催のオンラインイベントが開催され、楽しかったです!
https://youtu.be/2hL9h85Ei6I


未来技術を推進するシンラボも、デジタルの日2日目の10月11日(月)にイベントを開催しました。毎月開催の、今後使えるITをちょこっと学ぶ「8時だヨ!ゆるIT講座」を、デジタルの日バージョンで開催。
『本当に「人にやさしい」DXとは?〜家族健康情報共有アプリ「ふぁみかるくん」から学ぶ〜』がテーマです。今年新設されたデジタル庁のミッションは人にやさしいデジタル化。これを体現しているWebアプリふぁみかるくん」を題材に、「人にやさしいデジタル化」のあり方を掘り下げていきました。




ふぁみかるくんによるデジタル化は、もちろん通常のDXと同様効率化も実現しているのですが、加えて皆が幸せになる素敵なビジョンを目指していることにグッときました。

内容を以下3パートに分けてご紹介します。

1)このプロジェクトが実現したこと
2)デジタル化の先に「目指す社会」
3)デジタル化に「向いている」こと

(下のタブから2ぺージへ)

関連記事