BLOG

シンラボメンバーのあれこれ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 代表通信
  4. 代表勉強通信~Unity Learnする①

代表勉強通信~Unity Learnする①

こんばんは。代表の草場です。

Unityで点群表示をしている際に、やはりUnityのことをちゃんとやらんとな、ということになりました。ということで、無料公開されているUnity Learnを1日1時間づつやることにしました。多すぎてどこからやればいいかわからんので、まずはIntro to the Unity Physics Engine – 2019.3から。重力など、物理変数を扱うやつです。

Summary
Physics enables objects to be controlled by (an approximation) of the forces which exist in the real world, such as gravity, velocity and acceleration. This tutorial will serve as an introduction to many of the key concepts.

空のオブジェクトをヒエラルキーに用意。Add Componentから物理特性を加えていく感じです。例えばColliderの場合は以下。

光を扱うRaycastingはちゃんと勉強しないとです。【Unity】RayCastを使いこなせ!判定や表示に使ってみようを勉強中。

そもそもrayとは和訳すると光線という意味になる英単語のことです。Unityで使われる場合も光線という意味合いで使われます。ray(光線)の一般的な使用方法としてraycastという機能があります。raycastとは指定した場所から透明な光線を打ち、光線に当たったオブジェクトの情報を取得する機能のことです。

このコンテンツはやりながら、ではなく、単なる説明でした。明日以降はハンズオン的なやつをやります。日本語あるので、Create with Code – コードで作るかな。

 

関連記事