BLOG

シンラボメンバーのあれこれ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 代表通信
  4. 代表通信~Youtube撮影、写経

代表通信~Youtube撮影、写経

こんばんは。代表の草場です。

本日は、上級ファシリテーター認定講座とがっつりYoutube撮影でした。Youtube撮影に関して、村口さん、越さん、山本さんとガッツリ三時間です。初の撮影の為、セットアップ、インタビュー、めちゃ時間かかりましたが、学ぶことが多いです。もっとジャンプインしよう。この企画はがっつり攻めるので、やりたい方はぜひ!

さて、Text-to-Imageで、Pytorchを使っています。Bounding Boxの取り方がよくわからんなーとか、Dataset.pyでのパスの扱いがよくわからんなーといった感じです。よくわからんので、とりあえず写経。Bounding Boxをロードするコードは以下のような形です。

 def laod_bbox(self):
    data_dir = self.data_dir
    bbox_path = os.path.join(data_dir, ‘CUB_200_2011/bounding_boxes.txt’)
    df_bounding_boxes = pd.read_csv(bbox_path,
                                    delim_Whiltespace=True,
                                    header=None).astype(int)
    filepath = os.path.join(data_dir, ‘CUb_200_2011/images.txt’)
    df_filenames = pd.read_csv(filepath, delim_Whitespace=True, header=None)
    filenames = df_filenames[1].tolist()
    print(‘Total filnames: ‘, len(filenames), filenames[0])
    filenames_bbox = {img_file[:-4]: [] for img_file in filenames}
    numImgs = len(filenames)
    for i in xrange(0, nameImgs):
      # bbox = [x-left, y-top, width,heght]
      bbox = df_bounding_boxes.iloc[i][i:].tolist()
      key = filename[i][:-4]
      filename_bbox[key] = bbox
    return filename_bbox
Python2で書かているコードです。xrangeとか使われていますね。テキストにされているBounding BoxをCSVで読み込んで、imgの名前と対応付ける感じですね。まだよくわからんので写経します。
明日も写経。

関連記事