BLOG

シンラボメンバーのあれこれ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 代表通信
  4. 代表通信~「Welcome to the 21st Century」②

代表通信~「Welcome to the 21st Century」②

こんばんは。代表の草場です。

オライリーさん本人の本、21 Technologies for the 21st Centuryを簡単に紹介しましたが、Welcome to the 21st Centuryに関しても簡単に触れます。
What Might Be Gone, Never To Return?もう戻らない産業の続きです。

健康管理

現在の状況もそうなりつつありますが、感染症の影響で医療システムが崩壊し、サービスレベルが回復しない可能性があります。オライリーさんは医療が配給制になる可能性も視野に入れています。

これがメディケア・フォー・オールのための画期的な瞬間であり、アメリカで知っているような健康保険の終焉であることを想像してみてください。

オフィスとワーク・フロム・ホーム

多くの専門的な仕事が分散型やオンラインに移行し、オフィスが再び主要な仕事場になることはないとしたら?商業用不動産セクターの価値が暴落し、それに伴ってダウンタウンの住宅用不動産ブームが起きたらどうなるでしょうか。

職場に通うことがなくなり、シリコンバレーにいなければならない、という常識は崩れています。人材を固定の場所で確保しない、「リモートネイティブ企業が出現します。

古いビジネスモデルにしがみつき、分散型、遠隔地、高度にデジタル化された世界で働くためにチームを再教育しない企業は衰退していきます。

シンラボも方針を考えないとです。

スクーリング

今までの学校のスケジュールは再開されず、遠隔オンライン教育の採用が加速する可能性があります。

オンラインで素晴らしい教育にアクセスすることで、多くの地元の学校の質の低さへの不満が高まり、システムの深い再考につながるのか、それとも教育機会の不平等の中でさらに深い分岐につながるのか。多くの大学が倒産し、オンライン学習会社が繁栄するのか?大学や教員組合は訴訟を起こし、その台頭に歯止めをかけるためにオンライン講師のライセンス取得を求めてロビー活動を行うのか?

旧来の教育者と新たな教育者間の争いが起こるのでしょうか。

雇用と経済

感染症の影響で、不況が長期化する可能性について。一部の国は他の国よりもそれをうまく乗り切ることができ、それが地政学的な力を増大させる感応性があります。

市場の知恵、あるいは賢明な財政政策や産業政策が、ポジティブな変化を推進している企業への投資を後押ししている。適切な新しい機会に投資する企業には長いブームがある。

黒死病後のヨーロッパの労働力の大規模な削減により、領主が在職権のより良い条件を与えることを余儀なくされた事実があります。商業的な中産階級の台頭し、ルネッサンスの芸術的、科学的進歩が起こりました。

一時的ではあるが壊滅的な出来事は、しばしば恒久的な経済的変化をもたらす。時には変化が逆に見えることもありますが、変化が定着するには時間がかかります。第二次世界大戦は女性を労働力に引き入れ、その後、勝利は女性を再び外へと導いた。しかし、一度味わったチャンスのワインは、永遠に飲まずに放置されることはありませんでした。

これはある意味でポジティブなことですね。労働形態の大型な変化は、今後何をもたらすか?

政治と政府

困難な時代の政府の対応が失敗した場合、政府には痛手になります。今回の対応はどうか?
これを機に、政府のサービスがオンライン化され、いつでも利用可能、効果的、使いやすい、最高のコンシューマー・アプリケーションになる可能性もあります。

経済的な混乱が政治的な混乱を加速させ、政府が崩壊し、全く新しいシステムに取って代わられることを想像してみてください。国際紛争が起こる。あるいは、国際協力の新しい時代が来るとしましょう。米国の選挙が延期されたり、中止されたりしたらどうなるだろうか?あるいは郵便投票が一般的になり、有権者の参加が増えるとしたら?あるいは、一部の州や国では政治参加が抑制され、他の州や国では抑制されないとしたら?もし我々が専門知識を再び取り入れるか、あるいはディスインフォメーションとスピンの道をさらに下っていくとしたらどうなるだろうか?政治的な利益のために混沌とした状況を見るか、それとも先見の明があり、使命感に駆られたリーダーシップが私たちを前進させ、潜んでいる問題を解決し、その結果がこのパンデミックやそれに伴う経済的なメルトダウンをはるかに上回る可能性があるとしたら?

国際関係

パンデミックは世界的なものです。

グローバリゼーションやパワーバランスにどのような影響を与えるのだろうか。アジア諸国は、米国や欧州よりも危機に効果的に対応しているように見える。経済史家たちは、デビッド・ゴールドマンが問うように、2020年5月をアジアの世紀の始まりとするのだろうか。それは、世界がどのように機能していくのか、多面的な展望にどのような影響を与えるのだろうか。

 

関連記事